最近の生命保険- 最近の生命保険を考える

最近の生命保険を考える

生命保険は年々進化してきています。生命保険会社は、日々、新しい保険商品を開発しています。生命保険と切っても切れないものが医療技術です。生命保険は死亡や病気、けがを起因として保険金が支払われるものであるので、医療技術の進歩により、保険金支払いの前提である、死亡、病気、けがの状況が変わってくれば、生命保険の保障内容も変わってくるわけです。また、保険料の運用面も生命保険会社にとっては重要です。生命保険会社は、保険契約者から徴収した保険料を株式市場や債券市場で運用しています。またあまり知られていませんが、銀行しか扱っていないと思われがちな住宅ローンは、生命保険会社も商品として作っています。こうやって私たちから預かった資金を様々なかたちで運用して収益を生んでいるため、株式市場や債券市場での運用利回りや銀行金利が低下してくれば、それはそのまま、保険商品に反映されるわけです。

 

このような事情で生命保険は成り立っているため、生命保険は時代によって、その商品内容も変わっていますし、利用の仕方も変わっています。そのため、保険契約者である消費者も、生命保険に対する考え方を時代とともに変えていかなければならないのです。

 

今回は、最近の生命保険の中から、低解約返戻型終身保険、就業不能保険、通院保障、持病があっても入れる生命保険をピックアップして、それぞれどのように活用していけばよいのかということを考えていきましょう。

 

【注目情報】
既に保険の見直しを検討されている方はこちらのサイトで無料相談なども行っています!是非ご覧ください。・・・保険 見直し
キャッシングを比較しているサイトです。借入を検討されている方はぜひご覧ください。・・・キャッシング 比較